【高校受験】中学生に効果的な勉強方法を慶應卒の父親が教えます

 高校受験に成功するためにはどうしたらいいの?どうやったら勉強ができるようになるの?と疑問をお持ちの方は必見です!

 

   

慶應卒の父親が「早慶高校全勝した経験」と「家庭教師の教え子を早大学院へ合格させた経験」から中学生に効果的な勉強方法を教えます。

高校受験に成功するために

   

 中学生ほぼ全員が高校受験を経験します。どうしたら高校受験で成功できるのかについてお話していきます。

   

中学に入学したら高校受験スタート

    

 中学校に入学したら、すぐに高校受験のことを考えましょう。中学受験不合格で公立中学校に進学する方も同じです。中学校では「算数」が「数学」に変わって「英語」が本格スタートします。中学校で新しい内容がたくさんでてきますのでスタートダッシュがとても大切です。

   

   

ほぼ全員が経験する高校入試の試験範囲は中学生の全単元です。試験範囲が決まっている学校の定期テストとは異なります。

  

限られた試験時間内で正解することが求められます。まさに総合力が必要になるのです。だから、中学3年生になってから本格的に受験勉強を始めるのでは遅いのです。それでは希望する学校に合格するのは難しいと思って下さい。

  

短期間で成績がアップする方法はないと思ってください。受験勉強はマラソンと同じで長期戦です。日々の積み重ねが実力となっていくのです。

    

   

志望する高校に入りたいと思う中学生は、すぐにでも受験勉強を始めましょう。楽に志望校に合格できる方法?・・・それはありません。高校受験は厳しい戦いです。最後まで緊張感を持って臨んだ者が合格の栄冠を勝ち得るのです。

    

   

入りたい高校を目標に設定しよう

  

 中学校に入ったら、まず入りたいと思う高校を決めましょう。目標とする高校は、自分の実力以上の高い偏差値の学校です。

     

自分の実力がよくわからない方は、知っている学校やイメージで決めていいです。憧れの学校がいいです。

    

     

最終的に受験する高校は中学3年生の秋ごろに決めればいいので、中学校1年生の時に掲げる目標は高く、夢のある学校を選択することが大切です。

   

大まかな学習計画を立てる

  

 高校受験の入試問題は中学校の全単元から出題されます。高校受験で成功するための重要ポイントの一つに「中学3年生の秋以降に志望校の試験の傾向をつかむために過去問の演習時間を十分に確保すること」があります。

   

また、高校入試では限られた時間の中で、正解に導けるように「試験慣れしておくこと」も大切です。これらを考えると、中学校の全単元をなるべく早く終わらせておく必要があるのです。

    

   

中学校に入学したら、中学校の全単元をいつまでに終わらせるかを決めましょう。遅くとも中学3年生の10月には終わらせることです。特に早慶高校以上の難関校を志望する方は中学3年生の夏休み前までに中学校の全単元を終わらせることが理想です。

  

中学校の全単元をいつ終わらせるか決めたら、この計画に向かって進んでいきましょう。

   

  

勉強の習慣がない方はどうする?

  

 勉強の習慣がついていない方やクラブ活動で疲れて勉強時間が確保できない方はどうすればいいのでしょうか?

   

そんな方には、自宅で決められた時間に授業を受けられるオンライン学習塾がおすすめです。決められた時間に授業を受ける習慣をつけます。

   

    

オンラインなので、塾に通う移動時間がありません。クラブ活動で忙しい中学生も時間が効率的に使えます。

 

私がおすすめするオンライン学習塾は、全国どこからでも自宅で有名講師の授業が受けられます。授業内容は基本的な内容で難しくありません。月の受講料金も3千円程度を大変安くおすすめです。勉強の習慣をつけるために、まず、オンライン学習塾からスタートするのがいいでしょう。

  

おすすめのオンライン学習塾

     

東進オンライン学校 中学部

   

早慶高校以上の難関校を目指す方は、オンライン学習塾では不十分です。中学1年生から合格実績のある進学塾に通いましょう。

   

合格実績のある進学塾には、教え方の上手な先生と切磋琢磨できるライバルが集まります。その環境で勉強すればモチベーションがあがり、実力もくでしょう。

   

 

   

中学生の効果的な勉強方法

   

高校受験対策の勉強の中心となる科目は「数学」と「英語」です。高校受験では「数学」「英語」の結果が合否を大きく左右します。

  

数学の勉強方法

   

 まず、数学の効果的な勉強方法についてお話します。私は小学校時代に算数が苦手で大嫌いな科目でした。それでも高校受験では得意科目になっていました。私の体験から、効果的な数学の勉強方法のポイントは大きく4つです。

   

1.簡単な問題を繰り返し解く

2.ノートをたくさん使う

3.苦手を克服する

4.どんどん先に進む

    

    

1.簡単な問題を繰り返し解く

  

中学校になると数学で新しく正(+)の数だけでなく負(-)の数がでてきます。そして方程式、関数、円周率はπといように、小が学校の算数とは大きく変わります。

  

中学校に入学したら、新しい数学に慣れることです。中学校2年生までは難しい問題を無理して解く必要はありません。基本問題を繰り返し演習して学習量を確保することが大切です。

   

    

2.ノートをたくさん使う

  

まず、数学の勉強の中心となる問題集やテキストを1つ決めましょう。本当に簡単なものでいいです。難しいと先に進まなくなります。簡単な問題を確実に解けることで自信をつけることが目的です。なるべく問題数が多いものがいいです。問題数が足りなければインターネットから無料のプリントがありますので活用しましょう。

   

  

         

     

    

私の息子には中学校1年生の時にこの無料プリントを使いました。数学というのは、授業を聴く(インプット)勉強だけでは成績は上がりません。ノートを使って演習問題を繰り返す(アウトプット)の勉強で学んだことが身についていくのです。

   

    

インプットとアウトプットの学習時間の割合は2:8以上と考えてください。数学の勉強は大半がアウトプットの時間ということになります。

  

何度も繰り返して体で覚えこませるためにノートに書いて演習するlこと。これが数学の勉強です。ノートは何冊は使うことになります。

  

3.苦手を克服する

 

数学が苦手な方は多いと思います。数学ができるようになるためには、いきなり難しい問題を解かないということです。

  

まず、誰でもわかる簡単な問題から解いていきます。そして徐々に難しい問題に進んでいくのです。こうすることによって自信をつけながら勉強していくのです。

  

数学は、自分が得意と考える人とそうでない人では大きく成績が変わります。数学を苦手科目と考える方は、早く克服しておくことが大切です。

    

   

塾に通っていても、どうしても数学が苦手と思う方は、家庭教師等で個別指導を受けることをおすすめします。

  

今の時代、家庭教師はオンライン授業の時代です。訪問型に比べて、先生を自由に選べて、なおかつ月の授業料が安いというメリットがあります。

  

また、クラブ活動で忙しい中学生も自宅で受けられるのでおすすめです。手軽に始めることもできますので、数学の苦手を克服するためにもオンライン家庭教師を活用しましょう。そして数学の苦手が克服されたら、家庭教師やめる前提で始めましょう。

   

    

私がおすすめする家庭教師と家庭教師比較サイトのリンクを貼っておきますので参考にしてください。

  

私のイチ押し

インターネット家庭教師Netty

                

いろいろ家庭教師を比較したい方

家庭教師センターをお探しなら、かてきょナビ!

    

4.どんどん先に進む(先取り学習)

  

高校受験対策の「中学校の全単元を早く終わらせる」という計画に沿って、どんどん先に進んでいくことが重要です。

  

新しいことがたくさんでてきますので、中学2年生までは基本をしっかり身につけておくことが大切です。基本をしっかり身につけながら、理解出来たら、どんどん進んでいきましょう。

  

数学の先取り学習には、「ネット塾」がおすすめです。中学校の全単元がいつでも好きなだけ受講できます。

   

    

私のおすすめの「ネット塾」は有名講師の授業を全国どこでも自宅で受講できます。月負担もわずか数千円で費用も安く、大変おすすめです。自分で問題集を買って先取り学習するのも難しいので「ネット塾」活用がおすすめです。

     

おすすめのネット塾

     

スタサプ

        

「e点ネット塾」

      

     

     

英語の勉強方法

  

 次に英語の効果的な勉強方法を紹介します。英語は語学ですから、短期間で急激に上達できる科目ではありません。毎日の積み重ねが大切になります。英語も授業を受け学んだことを演習して繰り返すことで出来るようになっていきます。とにかく訓練をすることです。ポイントは大きく4つです。

    

  1. 基本文法・基本構文を身につける
  2. 英単語・英熟語を覚える
  3. 長文を速く読めるように訓練する
  4. どんどん先に進む

   

    

1.基本文法・基本構文を身につける  

  

基本文法・構文をしっかり身につける必要があります。基礎的な参考書を1冊選んで繰り返し勉強してマスターしましょう。ノートに何度も書き出しながら身につけましょう。

  

2.英単語・英熟語を覚える

  

英単語・英熟語を覚える方法です。英単語帳1冊に絞って完璧にすることを目標にしましょう。日本語と英文の例文がついているもので、見やすいものを選びましょう。

   

英単語・英熟語の学習は夜寝る前がおすすめです。毎日、寝る前に約100程度の英単語を声に出して読み、すぐに和訳を見て声に出します。これを何回か繰り返しましょう。英単語・英熟語の学習の注意点は寝転びながらしないことです。

    

   

無理に覚えようとしなくていいです。目で見て声に出していればいいです。この学習が終わったらすぐ寝ましょう。

  

朝起きたらすぐに寝る前に学習した英単語100を復習しましょう。不思議と寝る前に学習した単語が覚えられているでしょう。これは私が使っていた学習方法です。

    

   

「睡眠中に脳は学ぼうとしている」という話が本当だと実感できるでしょう。暗記物は寝る前だけでなく、食事の前や移動時間などのすき間時間を有効活用しましょう。毎日コツコツとした積み重ねが実力となっていきます。すき間時間の学習が英語力上達の秘訣の一つなのです。

  

3.長文を速く読めるように訓練する

  

高校入試では英語の長文問題が出題されます。長文を速く正確に読むために実私が実践していた学習方法を紹介します。まず、ある程度の基本文法・基本構文を理解していることが前提です。まず、最初は長文の学習は簡単なレベルのものから始めましょう。

    

    

辞書を片手に、わからない単語を調べながら読み進めていきます。全体に何が書いてあるか完全にわかるように読んでいきます。始めはゆっくりで構いません。

  

この学習により文章を最初から最後までしっかり理解できる感覚を身につけることが大切です。難易度の低いものからスタートして、慣れてきたらレベルを少しずつ上げていきます。

    

   

この作業をひたすら繰り返すのみです。これを繰り返すことで徐々に英文を読むスピードがアップしていきます。

     

    

4.どんどん先に進む(先取り学習)

  

英語も数学と同じように「中学校の全単元」を早く終わらせる計画に沿って、どんどん先に進んでいきましょう。先ほどもお話したとおり先取り学習に効果的な「ネット塾」の活用がおすすめです。

   

    

国語の勉強方法

  

 次に国語の効果的な勉強方法を紹介します。国語は英語と同じ語学なので、短期間で急激に成績が上がる科目ではありません。毎日の積み重ねが大切になります。数学と英語の勉強時間に比べたら国語の勉強時間は少なくても構いませんが、少しずつでも時間を確保することが必要です。ポイントは大きく3つです

  

  1. 漢字を暗記する
  2. 読解力をつける
  3. 過去問を解く

    

  

1.漢字を暗記する

   

漢字を覚える方法は、英単語を覚える学習と同じです。基本的な参考書1冊をまず選んで完璧にしましょう。漢字の暗記も夜寝る前にするのがおすすめです。毎日寝る前に約100程度の漢字を声に出して読むことです。

  

書くのではなく目に焼きつけていくイメージです。これを何回か繰り返しましょう。

無理に覚えようと意識しなくていいです。目で見て声に出していればいいです。この学習が終わったらすぐ寝ましょう。但し、この学習方法では寝転びながらしないことが注意点です。

  

朝起きたらすぐに寝る前に学習した漢字を復習します。私の経験では不思議と寝る前に見た漢字をかなり覚えられていました。

   

    

2.読解力をつける

   

読解力をつけるには本を読むことがおすすめですが、クラブ部活動や習い事で読書の時間確保は難しいものです。数学・英語の勉強時間を十分に確保した方がいいので、あまり時間がとれません。

     

    

そこで、おすすめしたいのが「中学生新聞」を購読することです。中学生新聞は中学生向けの記事の新聞です。週1回の発行ですから無理なく読める量です。新聞を読めば時事問題にも強くなり、高校入試にも役立ちます。中学生には国語力アップのために中学生新聞を購読することを本当におすすめします。

  

おすすめの中学生新聞

        

読売中高生新聞

  

朝日学生新聞社

     

    

     

過去問演習と試験慣れが大切

  

 高校受験で成功するためには、志望校の入試問題の傾向をつかんでおくことが大切です。志望校の過去問に入る前に全国の公立高校の入試問題を解くことをおすすめします。「全国入試問題正解(旺文社)」は解説もしっかり書いてありますので活用しましょう。

  

そして、遅くとも中学3年生の秋から志望校の過去問に取組みましょう。少なくとも志望校の過去問は5年分はやっておきたいです。

    

    

過去問の学習はスポーツで言えば実践を想定した練習試合のようなものです。練習試合を多くするほど、本番の入試に通用する実力がついていきます。

 

そして、本番の入学試験で確実に実力を発揮するために、試験慣れしておくことも大切です。大手塾が開催する公開試験をなるべく多く受けて試験慣れしましょう。

  

おすすめの公開テスト

  

全国統一中学生テスト

(東進オンライン学校)

      

    

最後に(まとめ)

  

 私が早慶高校に全勝した体験をもとに高校受験に向けた勉強方法を紹介しました。中学受験に全落ちした私が、高校受験で早慶全勝してリベンジした経験の中で実践してきたことをまとめたものです。

   

   

小学校時代に普通の成績であった私も高校受験でレベルアップして成功しました。高校受験は中学校受験と違って、正しく訓練をすれば学力が伸び志望校の合格に近づけます。

簡単な道のりではありませんが、ぜひこの記事を参考にしてしっかり勉強して、志望する憧れの学校に合格を目指してください。

タイトルとURLをコピーしました