【幼児の絵本】慶應卒の父親が厳選した「おすすめの絵本2選」を紹介します

 「絵本の読み聞かせ」は子どもとふれ合う素敵な時間ですよね。そして、子どもの成長にとって良い効果がたくさんあります。この記事では、いろいろな絵本の中から幼児に超おすすめの「絵本」を厳選して紹介します!

  

  

今回、おすすめする絵本は、普通の絵本ではありません。1つは「絵本アプリ」もう1つは「世界で一つだけのオリジナル絵本」です。お子さまが本当に喜ぶような工夫がされた素敵な絵本です。「絵本読み聞かせ」の参考となれば幸いです。

  

厳選「おすすめの絵本2選」はズバリこれ!

  

  

絵本読み聞かせアプリみいみ

 

東京ガスとオトバンクが共同開発したプロのナレーターによる絵本読み聞かせアプリです。人気の絵本と名作童話を好きなだけ読み聞かせできて、毎月わずか500円と信じられないくらい安いです。絵本を買うことを考えれば、相当お得感があります。

※オトバンクとはオーディオブックを販売する会社

   

   

スマホやタブレットを使った絵本は今の時代ならではの「絵本読み聞かせ」になります。物語のセリフの一部を子どもの声に吹き替えて録音することもできるんです。子どもの成長の記録になりますし、子どもが喜ぶことは間違いないでしょう。

  

[対象年齢] 3歳〜8歳

 

[料金] 月額500円 格安

※1カ月無料でお試しOK

 

[ポイント]

  

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-62.png
  • 「子育て支援大賞2021」受賞
  • 人気の絵本・名作童話が80冊以上
  • 話題の出版社絵本を毎月配信
  • 物語のセリフの一部を吹き替えて保存

  

 

本の楽しさと出会える

子どもが喜ぶ

親子で笑顔になれます!

    

  

\申込・ダウンロードはこちら/

絵本読み聞かせアプリみいみ  

  

月額500円 格安

※1カ月無料でお試しOK

  

[とても大切なこと]

  

作品によっては絵があまり変化しない絵本があります。また、「絵本アプリ」はプロのナレーターで上手ですが、アプリに頼らずパパやママが読んであげることも大切です。

  

************************************************

   

   

パーソナルちいくえほん

  

「パーソナルちいくえほん」とはNTT印刷株式会社が提供するカスタマイズできる絵本です。絵本の中に子どもが主人公になったり、子どもが好きなイラストを載せてもらったりカスタマイズしてくれます。自分が主人公になった絵本を見て、子どもが喜ぶことは間違いないでしょう。

  

[対象年齢] 0歳〜4歳

  

[料金] 1,870円~2,200円(税込)

 

[ポイント]

  

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-62.png
  • 「子育て支援大賞2021」受賞
  • 子どもの成長にあわせてカスタマイズ
  • 子どもが主人公で絵本に登場
  • 世界に一つだけのパーソナル絵本
  • 子どもの成長に合わせた6種類

  

\公式HP・絵本の注文はこちら/

   

パーソナルちいくえほん

    

  

※子育て支援大賞とは

 

一般社団法人日本子育て支援協会主催の「子育てに良い商品・サービス」に対する表彰制度。2021年が第二回目となります。評価のポイントは、評価項目①~⑤の中でどれかの項目において、特に顕著な特色や配慮・工夫がみられていること、子育て世帯に大いに役立ち魅力的であるとことです。審査委員会で最終的に判断されて「子育て支援大賞」が決定します。①安心・安全②便利・負荷の削減・低減③子どもの成長④親子のコミュニケーション⑤快適性

 

公式HP一般社団法人日本子育て支援協会

     

   

厳選おすすめ絵本①「絵本読み聞かせアプリみいみ」

   

[対象年齢] 3歳〜8歳

 

[料金] 月額500円 格安

※1カ月無料でお試しOK

 

[ポイント]

  

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-62.png
  • 「子育て支援大賞2021」受賞
  • 東京ガスとオトバンクが共同開発
  • プロナレーターの絵本読み聞かせアプリ
  • 人気の絵本・名作童話が80冊以上
  • 話題の出版社絵本を毎月配信
  • 物語のセリフの一部を吹き替えて保存

 

[メニュー]

 

■きく

  

80冊以上の人気の絵本や名作童話の読み聞かせが楽しめます。プロのナレーターによる朗読なので臨場感があふれています。

   

   

■つくる(録音する→声を変える)

  

物語のセリフの一部を子どもの声で録音できます。そして、「こえをかえる」メニューでいろいろな声に変えて遊ぶことができます。

 

変えられる声:ロボ・ゾンビ・宇宙人

  

■ほぞんする

  

作った本を「myほんだな」に10冊まで保存できます。子どもの成長の記録になります。絵本のキャラクターになりきって世界で一つだけの本が完成します。

  

  

[ラインアップ]

 

・有名出版社の人気絵本が多数収録

※講談社・主婦の友・Ehon Navi・耳で見る絵本・文響社・ポプラ社・岩崎書店

  

(収録された主な絵本)

  

三びきのこぶたアリババと四十人の盗賊
アリとキリギリスくまの子ウーフ
はだかの王様桃太郎
赤ずきんちゃん浦島太郎
うさぎとかめ白雪姫
こぶとりじいさんジャックと豆の木
おむすびころりん一寸法師
シンデレラきんたろう
王様の耳はロバの耳さるかにがっせん
ピーターパンつるのおんがえし
ピノキオシンデレラ
アラジンと魔法のランプこぶとりじいさん
オズの魔法使いあかずきん
一休さんアリと キリギリス
トム・ソーヤーの冒険三匹のこぶた
美女と野獣はだかの王さま
わらしべ長者マッチ売りの少女
ふしぎの国のアリス花さかじいさん

 (注)最新の情報は公式HPで確認してください

   

   

[配信]

   

月2回、新作が追加配信

 

[口コミ]

   

「みいみ」はコンテンツが子ども向けに厳選されているため安心できます

  

有名な出版社なので信頼感があります

  

子どもの寝かしつけに活躍しています

  

画面を暗くできる機能が、寝かしつけの時にとても役立っています

  

[サービス]

    

「みいみ」は月額制のサービスです。「みいみ月額会員」に登録すると次のサービスが利用できます。

※登録しなくても一部の作品や機能の利用は可能

  

  • 配信されているすべての本の再生
  • 録音可能な本の一部セリフの吹き替え・録音・ボイスチェンジ機能の利用
  • 本の表紙をお気に入りの写真やイラストに差替え(一部)
  • 録音した音声や画像の保存、再編集

  

[課金]

  

  • Apple IDで課金
  • 申込日から1カ月単位で自動更新
  • 期間終了日の24時間以上前に自動更新を解除しない限り「みいみ月額会員」が自動更新
  • 当月分のキャンセルは不可
  • 無料お試し期間が残っている間に有料に切り替えた場合残りの無料期間は無効
  • 機種変更時でも購入情報の復元が可能

    

    

\申込・ダウンロードはこちら/

絵本読み聞かせアプリみいみ

   

   月額500円と格安

※1カ月無料でお試しOK

    

  

厳選おすすめ絵本②パーソナルちいくえほん

 

[対象年齢] 0歳〜4歳

 

[料金] 1,870円~2,200円(税込)

  

[ポイント]

  

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-62.png
  • 「子育て支援大賞2021」受賞
  • NTT印刷株式会社が提供
  • 子どもの成長にあわせてカスタマイズ
  • 子どもが主人公で絵本に登場
  • 世界に一つだけのパーソナル絵本
  • 子どもの成長に合わせた6種類

  

[購入方法]

  

NTT印刷が運営するWEBサイトを通じて購入できます

 

\絵本の注文はこちら/

パーソナルちいくえほん

    

  

[ラインナップ]

    

絵本は子供の年齢に合わせて6種類

     

************************************************

   

すくすく★ぴったんこ

「ファーストブックシリーズ」

 

このシリーズは「あかちゃんが早く理解できることばデータ」をもとに作成されています。0歳~1歳で言葉を理解し始める頃のお子さま向けの内容です

 

(対象年齢)0~1歳

 

  • 「おいで」の絵本(1,870円)
  • 「どうぞ」の絵本(1,870円)
  • 「あっ!」の絵本(1,870円)

 

******************************************

  

すくすく★ぴったんこ

「すきなもの」

 

この絵本は「あかちゃんが早くしゃべれることばデータ」をもとに作成されています。言葉を話し始める頃のお子さま向けです。子どもが好きなものを探しに出かけ、様々なものに出会うストーリーとなっています。子どもが好きなものや今しゃべれる言葉によって絵本の内容が変わる仕立てです。

  

(対象年齢)1~2歳頃

  

  • 「すきなもの」絵本(1,870円)

 

************************************************

  

すくすく★ぴったんこ

「なまええほんシリーズ」

 

このシリーズは子どもの名前と「絵本によく出てくる文字データ」をもとに作成されています。言葉を話して文字に興味を持ち始めた頃のお子さま向けです。

 

(対象年齢)2~4歳

   

  • ひらがななまええほん(2,200円)
  • カタカナなまええほん(2,200円)

 

   

**************************************

  

[絵本が届くまで]

 

  1. Webサイトで会員登録
  2. 絵本注文チケット購入
  3. 絵本チケット通知
  4. 世界に一つだけの絵本に必要情報の入力
  5. 8~10営業日で絵本出荷

 

[特徴]

 

NTTコミュニケーション科学基礎研究所の研究データをもとに開発されています。一人ひとりの子どもに合わせてわかりやすい言葉が登場します。また、親子で読み聞かせを楽しむためのさまざまな工夫があります。

 

「世界に一つだけの絵本」の最大の特徴!

 

本を注文する際に、子どもの名前・性別や好きなものを設定します。完成した絵本の中に子どもが主人公となったキャラクターが登場します。そして、子どもが好きなもの、発達に合わせたイラストが登場します。 

 

   

オリジナル絵本の主人公が自分で、好きなものがいっぱいの絵本を見た子どもは、大喜びすることは間違いないでしょう。このようなしかけが、子どもの読書の意欲を高め、本が好きな子につながっていくでしょう。

 

[口コミ]

 

「パーソナルちいくえほん」の口コミを調べてみると、「絵本の読み聞かせがいつもより楽しかった」「ことばへの興味を広げるのに役立つと感じた」「言葉を覚えるのに役立つと感じた」と言った声が多く上がっています。

  

子どもが自分から「本を読んで!」と頼んでくることが増えました

 

子どもの反応が良く、読んでいる私も楽しかったです

 

好きなものを何度も言葉に出すことを楽しんでいました

  

身近な単語を覚える機会になり、絵本に登場するものを探すようになりました

  

この本を読んでから、すごく子を出して言葉を話すようになりました

  

普段の生活の中であまり触れない単語も話すようになりました

  

子どもに話かけているように自然に読み聞かせできました

  

読み聞かせの時のコミュニケーションがいつもより取れたと思います

  

身近な言葉を覚えて身の回りへの関心が増したように思います

  

ことばと身振りを結び付けられるようになりました

  

指さしをなかなかしなかったのですが、この絵本でするようになりました。

     

\絵本の注文はこちら/

パーソナルちいくえほん

  

   

絵本読み聞かせは効果がたくさん

  

 絵本読み聞かせの効果はたくさんあると言われています。

  

  • 親子のコミュニケーションが深まる
  • 子どもが言葉を覚える
  • 子どもの世界が広がる
  • 好奇心が高まる
  • 感情が豊かになる
  • 想像力を育てる
  • 言葉を覚える
  • 集中力が身につく

  

絵本の読み聞かせは

お子さまとのスキンシップ

コミュニケーションの時間

本当に素敵ですね

   

  

幼児期にたくさんの本の読み聞かせをすれば、子どもは本を好きになっていくでしょう。本が好きになると言葉や漢字を覚えるでしょう。そして読解力もつき、国語が得意になるでしょう。

 

国語は小学校から大学まで、すべての科目の基礎となります。幼児期の読み聞かせは国語力がアップするという学力向上の効果も期待できます。

  

  

国語が得意になると中学・高校受験でも有利です。国語は語学なので短期間には学力アップしません。小学校からの国語学習の基礎となる「読み聞かせ」は非常に重要と言えます。

  

また、社会に出てから重要なコミュニケーションの能力の基礎となるでしょう。

    

    

絵本の読み聞かせは何歳から始める?

  

  子どもに本をたくさん読んであげたいと思うパパ・ママはたくさんいると思います。

  

子どもが言葉を覚えるのは1歳前後と言われていますが、0歳から絵本の読み聞かせを始める方も多いようです。言葉が理解できなくても、絵を見て楽しむことができますし、耳から日本語を聞くことで、言葉を早く理解できるようになるでしょう。子どもの成長に合わせた絵本を選んで読み聞かせをスタートしてみましょう。

   

  

[参考]4月23日は「子ども読書の日」です

  

 読書活動は、子どもが「言葉を学び」「感性を磨き」「表現力を高め」「創造力を豊かなものにし」「人生をより深く生きる力を身に付けていく」ために欠くことのできないものです。

   

  

現代では、テレビ・ビデオ・インターネット等の様々な情報メディアの発達・普及や子どもの生活環境の変化、さらには、幼児期からの読書習慣の未形成などにより、子どもの「読書離れ」が指摘されています。

  

「子ども読書の日」(4月23日)は、国民の間に広く子どもの読書活動についての関心と理解を深めるとともに、子どもが積極的に読書活動を行う意欲を高めるため、「子どもの読書活動の推進に関する法律」(平成13年)により制定されました。

     

  

この日には文部科学省による「子どもの読書活動優秀実践校」表彰等が行われます。その他、各地で子どもと読書に関する催しが行われます。このように「本を読むこと」は効果があり、大切な事なので国も推進しているのです。

   

出典:文部科学省「子ども読書の情報館」より加工して作成

  

参考:子ども読書の情報館

文部科学省が運営する「子どもの読書に関する情報」が掲載されています。子どもの読書に関するQ&Aやおすすめの本の検索など有益な情報がたくさん掲載されたサイトです。

  

最後に(まとめ)

   

 今回は、幼児の絵本でおすすめを厳選して紹介させていただきました。

   

   

親子での絵本の楽しい読み聞かせの体験で、子供はきっと本に興味を持つでしょう。そして、小学校に入学したら本を読みたいという意欲が生まれるでしょう。読書は子どもの成長に欠かせないものだと思います。

  

絵本の読み聞かせも、今回紹介した絵本のように「絵本アプリ」「オリジナル絵本」というように、子どもがより関心を持つような内容に変化しています。

   

   

ぜひ、今の時代に合った絵本を選んで、たくさんの本を読み聞かせであげましょう。小学生までに本が好きになれば「勉強できる子」になっていくでしょう。

タイトルとURLをコピーしました